今更ながらMP3

とりあえず、なんとなく思い立って、CD-DA(音楽CD)のデータを出して見ようと 考え、cddをインストール。すぐ出来て、ATAPIのCDで使えるのか半信半疑で やって見たところあっさりできる。で、聞こうとするとプレイヤが無い。 (まあ、作っても10分ぐらいだろうけど。)うーんとすこし考えて、mp3に変換 してしまおうという事になって、lamerを使ってmp3に変換。聞いて見る。 あれ?ノイズしか入ってない。なんで?別のエンコーダ試そう。 ということで、bladeencを試して見ると、何度そのファイルを指定しても だめ。ここにいたって、どちらにしろwavファイルを指定しないとダメだ ってことに気付いて、soxを起動。 sox -r44100 -t raw -s -w -c2 track-02.cda ojamajo.wav う.....Filesystem Full食らった。しゃあない、TiMidityのいろんなバージョン ほどいたのを消そう。それからl4マイクロカーネルのソースのほどいた奴も。 あと、RT-Mach FreeBSDも。ふう。これで200MB程空いたと。で、soxで変換。 で、bladeencと、lamerを両方試して見る。すると、bladeencのほうが2倍 lamerよりもエンコーディングに時間がかかっている。で、エンコーディングの 質は、あんまり良いスピーカ使ってないからわかんないや。でも、なんでみんな mp3であんなに騒ぐかわかんなかったけど、やって見ると確かに感動的ですね。 サイズ1/10で、ほとんど変わんない音質なんですから。