FreeBSD関連

まあ、確かに フィードバックが遅いと言う事はあり*え*ますね。binutilsに 関して、FreeBSD附属の物に付いては
そもそもconfigure+gmakeを使っていない
というのもありますね。というか、なるべく標準ツールに、非GNUな代替品 があるのにGNU物は使いたくないのでしょう。(makeはNISでも使うし;-) 後述するportsは、BSD Make前提だし。)で、autoconfとかは基本的にgmakeを 前提にしていると思われますので、

事実誤認:binutilsはgmakeに依存していません。でも、論旨にはあまり関係ない つもりではいます。直すの忘れてた。一応、もとの文も残しときます。

どうしてもconfigure関連を修正するMotivationが低くなるのも仕方がないかと 思います。また、その他のツールに関しても、portsと言う(FreeBSDを特色付ける 長所の一つだと思っているのですが)アプリケーションパッケージングシステムで、 FreeBSD固有のパッチをソースからのインストール時に当てる事が出来るため、 (パッチと言ってもターゲットのソースのMakefileへのpatch、つまり設定も含みます) やっぱり、オリジナルへのフィードバックへの動機が薄くなってしまう事は 仕方が無いかと思います。(もちろんこれに関してはフィードバックされている事は 多く、patchのディレクトリから要らないパッチはしょっちゅう消えてますけど。) それでもバージョンアップするまでの間を待つよりは、低いバージョンのままでも 使えるような工夫があった方がいいですよね。

もちろんそれが良い事であるとは全然思っていないことは申し添えておきます。 フィードバックしないと楽できないし、何よりも自分の不利なようにバージョンが 上がって変えられても文句が言えないと言う事がありますしね。

alpha.gnu.org

alpha.gnu.orgのFTPの メッセージ。みて、思わずにやっとしてしまった。
PLEASE DO NOT X-RATED PICTURES HERE; we have neither the disk
space nor the bandwidth. They will be removed when found.
まあ、でも鍵をかけるような事はしたくないんだろうなぁRMS氏は。